7. 外部データの読み込み機能

自作したデータを「AniCast Maker」に持ち込むことができる機能です。
「Oculus Quest / Oculus Quest 2」とPCを接続し、以下の階層内フォルダに自作データを格納すると、ライブラリにリストが追加され使用することができます。
※自作データにサムネイル画像は作成されません。

追加した自作データは「AniCast Maker」起動時に読み込まれるため、起動中に追加したものはライブラリ上には表示されません。
自作データは「AniCast Maker」起動前に追加するか、または追加後に「AniCast Maker」の再起動を行ってください。

1. AniCastScene
シーンデータが保存されます。シーンデータを取り出して、別のユーザーに渡したい場合、この中から取り出します。シーンデータを受け取ったら、同じくこのフォルダに格納すると、アプリ内で読み込み、続きから作ることができます。

2. background
2D背景を格納するフォルダです。

● 2D背景の仕様
 ○ 直接、手で持つことができます。
 ○ 両手で掴んで大きさを変えることができます。
 ○ 対応拡張子は、「jpg」「png」です。
 ○ 「png」のみアルファチャンネル(透過)に対応しています。
 ○ 解像度は最大4096×4096です。
 ○ 画像のアルファチャンネル(透過)部分が大きいと、視覚的に何もないところまで掴めてしまいます。余白はカットしたデータを使用してください。
3. prop
2D小物を格納するフォルダです。

● 2D小物の仕様
 ○ 2D画像を頭部に装着することができます。
※それ以外の仕様はbackgroundと同様です。